施設の特徴

クリーンセンターの特徴

・法律で定められた排ガス基準より厳しい自主基準を設定し、最新の技術でダイオキシン類の発生を抑制しています。

 

要監視基準

停止基準

法令基準

ばいじん(g/m3N)

0.007

0.01

0.04以下

塩化水素(ppm)

35

50

430以下

硫黄酸化物(ppm)

25

30

1,186以下

窒素酸化物(ppm)

70

100

250以下

一酸化炭素(ppm)

100 (1h平均)

30 (4h平均)

100 (4h平均)

ダイオキシン類(ng-TEQ/m3N)

0.1

上記排ガスのほか、敷地境界における騒音や臭気等の測定結果を運営SPC(ひたちなか・東海ハイトラスト株式会社)のホームページに掲載しております。

・余熱を利用して発電を行い、クリーンセンターで使用した上で余剰分を売電しています。
・焼却灰を溶融して、最終処分場への埋立て量を現在より大幅に削減しています。
・灰溶融により得られるスラグとメタル(金属)をリサイクル資材として有効活用をしています。
・施設の維持管理や運営業務を民間委託することで、ごみ処理経費の削減を目指しています。

クリーンセンター

・オストメイト向けのトイレを管理棟に設置しておりますので、お気軽にご利用頂くことができます。
(管理棟トイレは、平日8時30分から17時30分、土曜日は8時30分から12時30分までご利用頂けます)

 

放火火災に注意!

聴覚障害者等専用FAX番号案内

緊急情報(火災等)メールサービス

消防テレフォンサービス

e-ラーニング(Web講習)による救命講習について

ひたちなか市・東海広域事務組合 例規集

職員採用情報

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。

施設案内

Copyright© 2012 ひたちなか・東海広域事務組合 All Rights Reserved.