止血の方法

直接圧迫止血法

 清潔なハンカチやガーゼを傷口に当て、手で直接圧迫して止血する方法で、ほとんどの出血が止血可能です。

ポイント

1.大きな血管からの出血の場合で、片手でも出血が止まらない場合は、両手で体重を乗せながら圧迫していく。
2.出血した血からの感染防止を考えて、ゴム手袋やビニール袋等を使う。

止血の方法1

止血帯法

 手足に限った動脈性出血(拍動性・鮮紅色の血)で、止血が困難な場合の止血法です。出血部位より心臓に近い部分を止血帯でゆるめにしばり、そこへ棒を差し込み、ねじりながら圧迫して締め付け止血する方法です。
  長時間止血していると、止血部位より下側に血液が通わなくなり細胞が壊死してしまう恐れがあり大変危険なために、定期的に緩めてあげる必要があります。

ポイント

1.止血帯はできるだけ幅の広いもの(3cm以上)を用いる。
2.止血時間を記録し、30分に一度緊縛を緩める。

止血の方法2

放火火災に注意!

聴覚障害者等専用FAX番号案内

緊急情報(火災等)メールサービス

消防テレフォンサービス

e-ラーニング(Web講習)による救命講習について

ひたちなか市・東海広域事務組合 例規集

職員採用情報

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。

施設案内

Copyright© 2012 ひたちなか・東海広域事務組合 All Rights Reserved.