ショック

ショック

 自転車等で転倒してケガをした時、ハチなどに刺された時、悲惨な事故を目撃した時、大量に出血した時など、いろいろなケースでショック状態になる場合があります。

応急手当

1.仰向けに寝かせて、足を15~30cmくらいあげる。
2.ベルトやネクタイを緩める。
3.毛布などで保温してあげる。

ショックの見方

顔色、呼吸、脈拍をしらべる。

ショック症状のポイント(上記の個所を観察しながら)

1.目はうつろになる
2.呼吸は速く浅くなる
3.脈拍は弱く速くなる
4.冷汗
5.無欲状態
6.唇が紫色、又は白っぽくなる
7.皮膚は青白く、冷たくなる

放火火災に注意!

聴覚障害者等専用FAX番号案内

緊急情報(火災等)メールサービス

消防テレフォンサービス

e-ラーニング(Web講習)による救命講習について

ひたちなか市・東海広域事務組合 例規集

職員採用情報

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。

施設案内

Copyright© 2012 ひたちなか・東海広域事務組合 All Rights Reserved.